虹色空間から~

日々の生活で興味あることを綴ります

第90回全日本フィギュアスケート選手権大会

【観戦データー】

 観戦日時:2021年12月26日(日) 15:30試合開始予定

 会場:埼玉

 座席:B席400レベル

 

【試合結果】

 ペアFS:1位 柚木/市橋組 (参加は1組)

 男子FS:1位 羽生結弦  2位宇野昌磨  3位鍵山優真

 

【感想】

 男子のフリーがある日は最近抽選で当選したことがなかったので、当選した時は目を疑ったぐらいです。当日をとても楽しみにしていました。チケットはスマホ対応の電子チケットのみ。下記のように画面に表示して入場です。

f:id:cihayac:20211229185603j:plain

会場内はほぼ満席。それでも、歓声や声援は皆が控え、会場内は静まり返り、いつも以上に緊張感に満ちていました。

f:id:cihayac:20211229185525j:plain

 フリーはショートの下位から順番に演技を開始。1人の演技が終わるたびにボルテージがあがります。北京オリンピックや世界選手権の選考もありますが、来シーズの大会出場もかかり、1人1人が熱い思いをもって演技に臨んでいるのがビシビシと伝わってきました。NHK杯や世界選手権とはまた違い、選手の気持ちの乗った演技が印象に残ります。

 そして、最終グループでは、さらに何とも言えない緊張感が漂い、客席の空気も張り詰めたものへと変化します。最終グループの選手は実力者ですが、上位3人は安定感やスケートの滑らかさはやはり別格。また、個性も違い、見ていてとても楽しかったです。鍵山君は若さを前面に出した勢いのある演技、宇野君は曲を支配するかのような力強い演技、羽生君は1音1音に要素を乗せてステップを踏むかのようにジャンプを跳び芸術作品と化した演技。本当に素晴らしいものを今年の終わりに見る事ができました。

 

 

 

2021NHK杯国際フィギユアスケート競技大会 1日目

【観戦データー】

 観戦日時:2021年11月12日(金) 12:33試合開始予定

 会場:国立代々木競技場 第一体育館

 座席:スタンドA(南)

 

8年ぶりのNHK杯の会場となった国立代々木競技場、前回はソチ五輪前で熱気が凄かったことを今でも思い出します。

f:id:cihayac:20211114190115j:plain

 

【試合結果】

 ペアSP: 1位ミーシナ/ガリアモフ組(RUS) 2位タラソワ/モロゾフ組(RUS) 

                   3位三浦/木原組(JPN)

 アイスダンスRD: 1位シニッツナ/カツァラポフ組(RUS) 2位チョック/ベーツ組(USA)

                                   3位フィヤー/ギブソン組(GBR)

    女子SP: 1位坂本花織(JPN) 2位河辺愛菜(JPN) 3位ユ・ヨン(KOR)

    男子SP: 1位宇野昌磨(JPN) 2位ヴィンセント・ジョウ(USA) 

                    3位チャ・ジュンファン(KOR)

 

壁に張り出されていたタイムスケジュール表

f:id:cihayac:20211114185932j:plain

 

【感想】

   入場制限、声をあげての声援が禁止、男女シングルの主役が欠場、8年前と同じ五輪前の大会でしたが、会場全体が熱気でホカホカしていたあの時とはかけ離れ、観客ひとりひとりが熱気を内に秘めて観戦していて、落ち着いた雰囲気でした。また、ペアの競技開始時間には半分以上の席が埋まり、フィギュアスケート人気が本当に根づいてきていることを実感しました。

 ペアとアイスダンスは現世界チャンピオンの演技が見れると、とても気合が入りました。どちらのカップルも雰囲気を持っていて、演技に引き込む力がすごかったです。五輪に向けてどのように演技に磨きをかけていくのか、とても楽しみです。日本の選手の中では特にペアの三浦/木原組を楽しみにしていまた。今シーズン表彰台にあがり、成長著しいペアです。2人がとても柔らかい優しい雰囲気のスケートをして、そしてスピードのある中で次々と技を繰り出し、トップレベルのスケートだなぁと感心しました。その他の日本の選手たちも実力を存分に発揮した演技をしていて、会場を盛り上げていました。

 今回は負傷で欠場した選手が多くいました。五輪に向けて全選手が厳しい追い込みを行っているところです。この大会で元気な姿を見せてくれた選手たちは今後も負傷せずに選考会や五輪に臨んで欲しいです。負傷中の選手は早く元気に滑れるようになることを願っています。

f:id:cihayac:20211114190539j:plain

 

映画『竜とそばかすの姫』

監督:細田守

声の出演:中村佳穂/成田凌染谷将太玉城ティナ/幾田りら/佐藤健役所広司

製作国:日本

製作年:2021年

 

物語:

高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すず(中村佳穂)は周囲に心を閉ざし、一人で曲を作ることだけが心のよりどころとなっていた。ある日、彼女は全世界で50億人以上が集うインターネット空間の仮想世界「U」と出会い、ベルというアバターで参加する。幼いころに母を亡くして以来、すずは歌うことができなくなっていたが、Uでは自然に歌うことができた。Uで自作の歌を披露し注目を浴びるベルの前に、ある時竜(佐藤健)の姿をした謎の存在が現れる。

 

感想:

仮想世界「U」の世界は世界中の人が参加し、目がくらむほどの色鮮やかさで、見ているだけでワクワクドキドキして心が躍りました。一方ですずが実際に暮らす世界は自然豊かな日本の田舎町。心が落ち着く緑豊かな風景は緊張がとけ、安らぐ感じがしました。「U」と出会い、2つの全く異なる世界を生きはじめたすず。しかし、どちらの世界でもトラブルに遭遇してしまいます。それでも、現実世界でともに暮らす、周囲の人々に助けられ、両方のトラブルに立ち向かっていきます。

刺激的な仮想世界は今までの自分とは違う自分を感じ、現実世界では無理と思っていたことが表現出来たり、新たな才能に気がついたり、新しい自分に出会うきっかけになったりします。しかし、自分は自分。現実としっかりと向き合って生きることこその仮想世界を本当に楽しめるのだなぁと感じました。

このアニメは歌が多く、「美女と野獣」に重なるなと思っていたら、解説を読み、監督が好きで取り入れていたと知りました。確かにすずは「U」での名前はベル!色々そうか!と思うシーンも多く、知って見ていたら、また違ったかも…と思うと少し残念でした。

映画『すばらしき世界』

監督:西川美和

出演:役所広司/仲野太賀/六角精児/梶芽衣子橋爪功

製作国:日本

製作年:2021年

 

物語:

旭川刑務所を13年ぶりに出所した三上(役所広司)は身元引受人の弁護士・庄司(橋爪功)と妻(梶芽衣子)に迎えられ、東京でアパートを借りて生活することになった。何とかまっとうに生きてみようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)が近づいてくる。不条理なことに腹を立てトラブルを起こしながらも、まっとうな生活を過ごす三上の前に様々な壁が立ちはだかる。

 

感想:

何が「まっとう」なのか?そんな疑問が次々と沸き上がりました。私たちが生活していく中で安心安全に過ごせるよう様々なルールが決められていますが、実は私たちを縛り上げ、窮屈なものにしてしまっているのではないか?人として大事な事を置き去りにしているのではないか?三上を通して見る世間について考えさせられました。派手さはありませんが、全編を通して緊張感に包まれ、引き込まれます。

三上の人生だけにスポットを絞ることで、より様々な矛盾であり問題が自然と伝わってきて、監督の手腕の凄さに感嘆しました。例えば長い刑務所暮らして身に着いた世間ずれした行動をおかしく取り上げることで、刑務所は社会復帰まで考えた更生の場所になる必要があるのでは?と感じたりしました。そのようなエピソードがちりばめられた中で、エンドロール直前に表示される「すばらしき世界」…その文字を見て、様々な思いが交錯しました。

映画『ノマドランド』

監督:クロエ・ジャオ

出演:フランシス・マクドーマンド/デヴィット・ストラザーン/リンダ・メイ

製作国:アメリ

製作年: 2020年

 

物語:

アメリカ・ネバダ州エンパイア。リーマンショックにより工場と街が閉鎖され、街に住んでいた60代の女性ファーン(フランシス・マクドーマンド)も住み慣れた家を失ってしまう。彼女はキャンピングカーに荷物を積み込み、車上生活をしながら現代の「ノマド(遊牧民)」として過酷な季節労働の現場を渡り歩くことを余儀なくされる。

 

感想:

「ホームレスではなくハウスレス」と言うファーンの言葉が印象的でした。違いは?映画を観ると伝わってきます。自分が愛着を持っていた場所が強制的に失われるというのは切ないことです。その場所に居続けたいと願ってもできない、戻ってきても街が廃墟と化している、心の拠り所を失い、キャンピングカーに全てを載せ、生活していく。それは、自分の心の拠り所を再び失わないという決意のように感じました。同じように「ノマド」として生活する人々も様々な事情を抱えていて、それぞれが自分の考えを持って、精一杯の日々を過ごしています。現在が抱える問題をさらりと織り込みつつ、雄大な自然と人の力強さが、何とも言えない感動がジワジワと広がる作品でした。

小説 城山真一『看守の流儀』

【作品紹介】

 収録作品:看守の流儀

 著者:城山真一

 出版社:宝島社

 初版発行:2019年12月23日

 物語:

  金沢市郊外にある「加賀刑務所」を舞台に、刑務官たちが刑務所内外で起こる

  事件や難題に悩みながら奔走する姿が5つの物語を通して描かれる。

 

【感想】

 刑務所は縁遠い世界と思っているので、分厚いベールに覆われている場所という感覚です。全てがミステリアス。そんなミステリアスな世界で起こる事件は輪をかけてドキドキするミステリーです。さらに、有名歌手の三上順太郎が入所したために担当刑務官として火石司が特別に配属されたという謎も潜んでいます。多くのミステリアスを抱えながらも物語は人の心の奥を探るような人間ドラマとして進んでいきます。刑務官は監視役というイメージが強かったのですが、受刑者をいかに更生させるのかに主眼をおいて日々接している当たり前のことに気づかされました。個性豊かな刑務官たちから垣間見える受刑者たちにも様々なドラマがあり、更生への道のりは誰にとっても険しく長い…更生を生を歩んで人に出会ったら、拒絶だけはしないように…と思いました。最後まで読むと三上と火石の謎も明かされ、小説としてはすっきり感がありとても良かったです。

ところざわさくらタウン探索

 2020年11月25日(水)、11月6日にグランドオープンしたばかりの東所沢駅から徒歩10分の『ところざわさくらタウン』へ行ってきました。KADOKAWA所沢市が共同プロジェクトの拠点施設として開業しました。周辺はまだ工事中の所もあり、これから様々に発展していく模様です。駅から続くロードにはマンホールのフタにアニメのキャラが描かれている物が28個あるそうで、探しながら歩くとあっと言う間かもしれません。

f:id:cihayac:20201128152144j:plain

ところざわさくらタウンに隣接する東所沢公園には武蔵野の雑木林が植えられ、どんぐりの森となっています。そして、非物質的なデジタルアート…夜になると銀色の塊が色とりどりに光り、光のアート空間に変身するようです…人の存在によって自然が変化する様を表現する場となっています。エリア内に入るのは有料になっていました。今回は外から撮影しました。

 

f:id:cihayac:20201128151035j:plain

ランドマークとなるのは巨大な岩の塊のような建物、『角川武蔵野ミュージアム』です。設計は新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅なども手掛けた隈研吾氏です。その隣にに位置するのは隈研吾氏もデザインに関わった『武蔵野坐令和神社』です。写真で奥に写る白い建物がショップやホテルにイベントホールなどの複合施設となる本棟です。これだけでも何とも不思議な空間感じられるます。 

さっそくミュージアムの中へ。チケットは場所、場所で料金や入場時間が個別に指定されています。時間を気にせず見て回りたいと思い、今回は1DAYパスポート3000円(ネット割引)を購入しました。3FにあるEJアニメミュージアム以外は営業時間内は自由に行き来できます。

まずは話題になっているエディットタウンとそこから連なる本棚劇場へ(4F・5F)。あふれるほどの本に囲まれて、目がチカチカ…どこを見て良いのか…。自由に手に取ってみて良いので、本好きにはたまらない空間です。このエディットタウンの脇にギャラリーなどもあって、様々に楽しめるようになっています。

f:id:cihayac:20201128153407j:plain

 次は3F。EJアニメミュージアムへ。KADOKAWAが発行しているアニメ雑誌「Newtyp」の35周年を記念した展示会でした。別料金1,800円(前売り)を支払い入場。最近はあまりアニメを見ていないので、名前だけ知っているぐらいの作品が多かったですが、アニメの移り変わりなどが見れてなかなか面白かったです。出口にはアニメ関係者の色紙も飾られていました。

f:id:cihayac:20201128155154j:plain

f:id:cihayac:20201128155758j:plain

2Fは出入口でチケットカウンターやカフェ等があり展示スペースはありません。

1Fはマンガ・ラノベ図書館とグランドギャラリーです。マンガ・ラノベ図書館はゆっくりと本が読める空間となっていました。上の階で見た本でお腹いっぱいだったため、ここはサーッと眺めるぐらい。マンガよりラノベ中心でしたので、マンガ好きな私としては物足りない内容でした。グランドギャラリーでは「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」が開催されていました。このミュージアムにも深く関わっている荒俣宏氏のワールドが広がっていました。日本には多種多様な妖怪が存在していることを改めて知る機会となりました。また、妖怪と写真をとれるコーナーもありした。

f:id:cihayac:20201128160437j:plain

角川武蔵野ミュージアムの見学は所要3時間ほど。場所によっては駆け足でしたが、刺激が多すぎて、ちょうど良いくらいでした。お昼は本棟にある角川食堂のランチメニューを頂きました。今は入場制限もされていて、お昼時は外に数十名行列ができていました。ラーメン屋(この日はお休み)やうどん屋等もありますが、食事処は少ない印象です。この点は考えて行った方が良さそうです。

 

 

映画『星の子』

監督:大森立嗣

出演:芦田愛菜永瀬正敏原田知世黒木華岡田将生高良健吾

製作国:日本

製作年:2020年

 

物語:

大好きなお父さん(永瀬正敏)とお母さん(原田知世)から愛情たっぷりに育てられたちひろ(芦田愛菜)。その両親は病弱だった幼少期のちひろを治した"あやしい宗教"を深く信じていた。中学生3年生になったちひろは両親の信仰する宗教への揺らぎを感じ始める。

 

感想:

何を信じるのか?人それぞれであり、個性と同じで尊重されるべき事です。でも、それが"あやしい宗教"だったら?宗教団体が販売する霊験あらたかな体調を整える高い水、信じる人が飲めば効果があるように感じられ、信じない人が飲めば唯の水。このように、信仰は目に見えて効果が得られるものではありません。本人が正しいと思っていても、他人が見たら詐欺まがいに見える事もあります。

思春期をむかえたちひろはその狭間を行き来しはじめます。現在と過去を行ったり来たりする物語展開が揺れ動くちひろの心情を上手に表現していました。子供は親を選んで生まれてくることはできません。親の影響は必ず受けます。親が信じていることが必ずしも自分が信じる事と同じとは限りません。成長とともに、自分で考え答えを出し、信じる道を進むことが大事…そんなメッセージを受け取った気がします。

漫画『椿町ロンリープラネット』全14巻

【作品紹介】

作者:やまもり三香

出版社:集英社・マーガレットコミックス

初版発行:第1巻発行2015年8月30日

物語:

高校2年生の大野ふみは母親を早くに亡くして父親と2人暮らし。しかし、父親が莫大な借金を背負い、ふみも若手小説家・木曳野暁の家で住み込みの家政婦をすることに…。目つきも態度も悪い暁が時折見せる優しさにふみはしだいに惹かれていく。

 

【感想】

上質な‟ザ・少女漫画”です。借金を背負った孤独な少女は少女漫画ではよくある設定です。そして住み込み先の家主は癖ありでどこか影を持ち、人を寄せ付けない雰囲気があるも優しさが見え隠れする大人の男性。これが恋愛に発展しないはずがないというシチュエーション。この作品が良いなと思うのはゆっくりと恋が進展しながら主人公ふみと暁自身が成長していく姿が普段の生活感の中で描かれること。派手さはないけれど、ジワジワと心にしみ込んで、あたたかい気持ちにさせてくれる作品です。

ソン・ウォンピョン著『アーモンド』

【作品紹介】

収録作品:「アーモンド」

訳者:矢島暁子

出版社:祥伝社

初版発行:2019年7月20日

物語:

 感情を感じられず他人の感情もわからないソン・ユンジェは古本屋を営む母親と

 祖母との三人暮らし。幼いころから周りには異端者のように見られていたが、

 愛情を注がれて生活していた。しかし、ある事件で祖母は死に、母は意識がない

 状態となってしまったが、ユンジェには何の感情もわいてこなかった。

 1人で生活を始めたユンジェの前に現れたのは物心もつかないうちに親とはぐれ

 不良少年となったゴニだった。ゴニはユンジェへ常に怒りをぶつけるのだった。

 

【感想】

 感情を持てないということはどういうことなのか?が丁寧に描かれ、スーッと心に入ってきました。ユンジェの視点から綴られる文章は薄い膜で覆われているみたいで、物語をどこか冷めた目で眺めているかのような感覚でした。しかし、幕間から見え隠れする感情のほとばしりがポンポンと心を刺激し、いつしか物語の世界に入り込んでしまいました。

 出てくる登場人物たちは極端ではあるものの、社会で見受けられるような人たちで、感情が感じられないユンジェにしても、周りで言えば"空気を読めない"と言われる人たちに近い存在。でも、"空気が読めない"事が悪いのではなく、その人自身を理解し、なぜそのように発言したり行動したりするのか?と思い至ることが大事てあることを改めて思い起こさせてくれました。ゴニも彼の育ってきた背景を知ると手の付けられない不良少年から愛おしい少年へと心持が変化してしまいます。

 ユンジェとゴニの出会いはどんな化学反応を起こすのか?ぜひ本を読んで確かめてください。